結婚式での振袖なら、京都着物レンタル夢館

着物レンタルなら京都着物レンタル夢館
コンビニ後払いOK!! 12時迄の電話で当日発送可能★
メニュー
各種お問い合わせ
ネット注文に関するお問い合わせ
お下見会のご予約・お問い合わせ
京都着物レンタル夢館

Set

花嫁衣裳レンタル セット内容

フルセット内容 フルセット内容

白無垢 セット内容のご紹介

白無垢 神前挙式に着る和装の白い花嫁衣裳で、掛け下といわれる白一色の振袖の上に掛ける着物。地模様は晴れの日に相応しい品格あるおめでたい古典文様が織られてます。 掛下 打掛の下に着る振袖。お色は白一色に美しい地模様が織り込まれております。(画像は一例です)
襦袢 着物の下に着用する、着物と同じ形状をした下着です。着物を汚れから守る、着物姿を整える、 といった役割をしてくれます。※二部式の場合もあります。 掛下帯 打掛の下に締める礼装用の帯。
抱え帯 帯の左後ろ下に結ぶ細帯。帯結びを引き立て、後ろ姿のポイントになる飾り。 箱迫 江戸時代には化粧道具や懐紙を入れて使用。現代の化粧ポーチの様なもの。
懐剣 本来は帯の所に入れて持ち歩く護身用の短剣。今では花嫁を様々な災いから守り、無病息災を祈るものとされている。 帯締め(丸ぐけ) 結んだ帯を固定させる紐。花嫁用は中に綿を詰めた丸ぐけと言われるタイプ。
末広(扇子) 先に行くほど末広がりに広がる形から末広と呼ばれ、永遠に幸せであるようにとの願いが込められている 花嫁用には房飾りの付いたものが、用いられる。 帯揚げ 着物と帯の間にふんわり結び胸元を飾ります。花嫁用は絞りが基本で、打掛は白が主流です。
草履 花嫁用の草履です 伊達巻き2本 着くずれを防ぐために長じゅばんや着物の上に締める着つけ小物。
衿芯 長襦袢の衿に入れて使用します。襟元・胸元をきちんと整えます。 コーリンベルト 着物の上前と下前をはさみ、腰ひもの代わりとして使えます。
肌着 長襦袢の下に着る着物用の肌着です。肌触り良くさらっとしています。 ワンピース型と二部式の2種類がございます。どちらになるかは当店のおまかせとなります。 帯枕 帯結びの土台を支え、帯に立体感を出し、形を美しく整えます。 ひもの締まりが良く、帯山が安定するガーゼタイプをセット。
帯板 (前板)帯にしわが寄らないように、張りを持たせます。(後板)小さめの帯板で胴回りの後に入れ、張りを持たせます。 打掛ベルト 打掛を留めるための着付け用ベルトです。
腰紐6本 文字通り、腰に締める紐。腰用2本 胸用2本 予備用2本 計6本用意しました。 足袋 真っ白な足袋はフォーマル感を高めます。新品をサービス致します。4枚こはぜ。
角隠し(白無垢・色打掛)花嫁が文金高島田(ぶんきんたかしまだ)と呼ばれる、日本的な高い髷(まげ)を結った髪の上に被る帯状の白い布です。
※かつらは含まれません。
綿帽子(白無垢のみ) 袷仕立ての白生地を袋状に仕立てたもの。綿帽子は白無垢のみのご着用となります
※かつらは含まれません。
フルセット内容 フルセット内容

色打掛 セット内容のご紹介

色打掛 白以外の色を用いた華やかな打掛。結婚式・披露宴など晴れの場を豪華に彩ります。 掛下 打掛の下に着る振袖。お色は白一色に美しい地模様が織り込まれております。(画像は一例です)
帯揚げ 着物と帯の間にふんわり結び胸元を飾ります。花嫁用は絞りが基本で、打掛は白が主流です。 掛下帯 打掛の下に締める礼装用の帯。
箱迫 江戸時代には化粧道具や懐紙を入れて使用。現代の化粧ポーチの様なもの。 懐剣 本来は帯の所に入れて持ち歩く護身用の短剣。今では花嫁を様々な災いから守り、無病息災を祈るものとされている。
襦袢 着物の下に着用する、着物と同じ形状をした下着です。着物を汚れから守る、着物姿を整える、 といった役割をしてくれます。※二部式の場合もあります。 抱え帯 帯の左後ろ下に結ぶ細帯。帯結びを引き立て、後ろ姿のポイントになる飾り。
帯締め(丸ぐけ) 結んだ帯を固定させる紐。花嫁用は中に綿を詰めた丸ぐけと言われるタイプ。 末広(扇子) 先に行くほど末広がりに広がる形から末広と呼ばれ、永遠に幸せであるようにとの願いが込められている 花嫁用には房飾りの付いたものが、用いられる。
草履 花嫁用の草履です 伊達巻き2本 着くずれを防ぐために長じゅばんや着物の上に締める着つけ小物。
衿芯 長襦袢の衿に入れて使用します。襟元・胸元をきちんと整えます。 コーリンベルト 着物の上前と下前をはさみ、腰ひもの代わりとして使えます。
肌着 長襦袢の下に着る着物用の肌着です。肌触り良くさらっとしています。 ワンピース型と二部式の2種類がございます。どちらになるかは当店のおまかせとなります。 帯枕 帯結びの土台を支え、帯に立体感を出し、形を美しく整えます。 ひもの締まりが良く、帯山が安定するガーゼタイプをセット。
帯板 (前板)帯にしわが寄らないように、張りを持たせます。(後板)小さめの帯板で胴回りの後に入れ、張りを持たせます。 打掛ベルト 打掛を留めるための着付け用ベルトです。
腰紐6本 文字通り、腰に締める紐。腰用2本 胸用2本 予備用2本 計6本用意しました。 足袋 真っ白な足袋はフォーマル感を高めます。新品をサービス致します。4枚こはぜ。
角隠し(白無垢・色打掛)花嫁が文金高島田(ぶんきんたかしまだ)と呼ばれる、日本的な高い髷(まげ)を結った髪の上に被る帯状の白い布です。
※かつらは含まれません。
フルセット内容 フルセット内容

引き振袖 セット内容のご紹介

引き振袖 裾を引いて着る、花嫁用に仕立てられた特別な振袖。挙式にも披露宴にも着用出来る正装。 丸帯 最も格の高い帯とされており、裏面も表面と同じ柄が織り込まれた、豪華で重厚な帯です。
帯締め(丸ぐけ) 結んだ帯を固定させる紐。花嫁用は中に綿を詰めた丸ぐけと言われるタイプ。 襦袢 着物の下に着用する、着物と同じ形状をした下着です。着物を汚れから守る、着物姿を整える、 といった役割をしてくれます。振袖に合わせた色柄をセット致します。※二部式の場合もあります。
帯揚げ 着物と帯の間にふんわり結び胸元を飾ります。花嫁用は総絞りが基本で、はこせこセットに合わせた色合いが主流です。着物や帯、はこせこセットの色に合わせて当方でベストなものをコーディネート致します。ご希望のイメージがある場合はお知らせ下さい。 末広(扇子) 先に行くほど末広がりに広がる形から末広と呼ばれ、永遠に幸せであるようにとの願いが込められている 花嫁用には房飾りの付いたものが、用いられる。
懐剣 本来は帯の所に入れて持ち歩く護身用の短剣。今では花嫁を様々な災いから守り、無病息災を祈るものとされている。 箱迫 江戸時代には化粧道具や懐紙を入れて使用。現代の化粧ポーチの様なもの。
抱え帯 帯の左後ろ下に結ぶ細帯。帯結びを引き立て、後ろ姿のポイントになる飾り。 草履 着物や帯、はこせこセットの色に合わせて当方でベストなものをコーディネート致します。
三重仮紐 変わり結びのひだを押さえる紐。従来は数本必要だった仮紐がこれ1本で済む為、楽な着付けが出来ます。 伊達締め2本 着くずれを防ぐために長じゅばんや着物の上に締める着つけ小物。
衿芯 長襦袢の衿に入れて使用します。胸元をきちんと整えます。 肌着 長襦袢の下に着る着物用の肌着。肌触り良くさらっとしています。ワンピース型と二部式の2種類がございます。どちらになるかは当店のおまかせとなります。
腰ひも5本 文字通り、腰に締める紐。腰用2本 胸用2本 予備用1本 計5本用意しました。 帯板(前板・後ろ板) (前板)帯の前側に入れて帯にしわが寄らないように、張りを持たせます。 仕上がりが美しく着付けが楽なタイプです。
(後板)小さめの帯板で胴回りの後に入れ、張りを持たせます。
コーリンベルト 着物の上前と下前をはさみ、腰ひもの代わりとして使えます。 足袋 サービス品 真っ白な足袋はフォーマル感を高めます。新品をサービス致します。4枚こはぜ。